タグ:GS-441524

おつかれさまです猫式です致死率がほぼ100%のFIPの新薬と期待されている「GS-441524」以前から、耳にしてはいました日本ではまだ承認されていない薬ですそのため、まだ取り扱っている動物病院さんも少ないですが、もう始めている動物病院さんにGS-441524についてお尋ねしま ... 続きを読む

おつかれさまです
猫式です

致死率がほぼ100%のFIPの新薬と期待されている
「GS-441524」

以前から、耳にしてはいました

4B12EF59-AA04-4B9C-A1BB-4288E1B7AF22

日本ではまだ承認されていない薬です

そのため、まだ取り扱っている動物病院さんも少ないですが、

もう始めている動物病院さんにGS-441524についてお尋ねしました

・12週間毎日注射投与
・現在、30(50だったかもしれない?)頭くらいの子がこの治療を始めていて、今亡くなった子はいない
・ただし、まだ12週間すべて完了した子はいない
・ウィンちゃんの体重や血液検査の値、症状から使用量を計算すると1日あたり7,000~8,000円(※)
  12週間で58,8000円~672,000円
  その他いろいろ含めると計800,000円くらいはかかるだろうとのこと
・そちらの病院では当時、FIPに対して2つの治療方法(シクロスポリンとGS441524)をHP上で記していて、費用の高額さ故かシクロスポリン(アトピカ)を使う子が多いと記載されていたが(今はそのページが見当たらず)、現在はほぼGS-441524を使う方が多い。むしろそれを目的として来院する方が多いこと
・もし改善が認められなかった場合、「FIPではなかったのでは?」と判断するとのこと


上記をお聞きしました

(2019.9.中旬時点。)

※自分でGS-441524を入手できれば、多少費用は抑えられるかもしれません

ウィンちゃんの当時の状態(元気。食事量もあり)から、
ただの腸炎、それにより栄養が摂れず、貧血になっている可能性もありました
黄疸も消えましたし、ステロイドで腸の炎症がおさまったら、いろいろ改善してくるのでは?
とFIP以外の可能性も考えられていました(もちろんFIPもずっと頭にありましたが)

・FIPではない可能性(別の病気だったら、効かない)

・現段階における薬に対する信ぴょう性
 (その病院ではまだすべて完走した子がいない。再発する可能性も不明)

・安全性・信頼性
 (承認されておらず、中国製?ブラックマーケット?の製品と思われるものだということ。偽物が出回っているという話も)

・80万円という高額な治療費
 (完治する確証はない)

・当初、ステロイドで改善傾向にあった


1A56A79C-F02C-4861-A4D0-C5B95FCB6BED

上記を総合して判断し、GS-441524は選択しませんでした

もしFIPだったとしても、半年くらいかけてステロイド治療で改善した子がかかりつけの病院さんでいたそうなので、ウィンちゃんも調子が上向きだったため、それを目指していました

しばらくはそれで調子がよかったのですけど
限界がきてしまいました

GS-441524でも別の薬でも、FIPが完治する方法が見つかりますように

心から願います

FIPが治る病気になりますように

↓ ↓ ↓


にほんブログ村


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

■ヨガ
10/20(日) 猫式ヨガ noa先生  申し込みページはこちら →  !大募集中!
10/26(土) 猫式ヨガ yo-yo-先生  申し込みページはこちら →  !大募集中!


↓ メールでも受付可能です ↓

info★neko-shiki.net
※★を@に変えてください

1.名前
2.メールアドレス
3.電話番号
4.参加人数

を記載の上、上記までメールをお願いします

猫がいて、しかもヨガでほぐれて、猫たちへの支援にもつながります(´∀`)

お申込み、お待ちしております

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


FIPが治る病気になりますように

↓ ↓ ↓


にほんブログ村



更新通知が届きマッシュ


フォローお願いしマッシュ


Instagramもやってマッシュ

読者、フォローよろしくお願いしマッシュ