うれしいお知らせですニコニコ


セリックが退院しました!


猫式ブログ~里親募集型猫カフェ
セリ!!!


ご飯も自力で食べられるようになりました(´∀`)


レントゲンも、前回見たときは腹水・胸水で真っ白だった部分がだいぶ減ったんです


そのおかげで呼吸も楽になり、すごく元気そうです


尻尾もピーンと立てて、ゴロゴロ言ってます


本当によかったです・・・


前回の記事では、大変ご心配をおかけしました


いろいろな方が心配してお声をかけてくださったり、

お店にいらしてくださったり・・・本当にありがとうございました


セリック、今はとても調子がよさそうです


先日の検査の結果がでました


・FCoV抗体価検査


猫式ブログ~里親募集型猫カフェ


・蛋白分画検査


猫式ブログ~里親募集型猫カフェ


FCoV抗体価検査では、[400倍未満] でした


判定基準を見ると、「FCoVの可能性は低いと思われる」 とありますが、

難しいのですが、この値が低ければFIPでないと言い切れるかというと

そうではなく・・・低くてもFIPを発症する子はいるし、

その逆で高くてもFIPを発症しない子もいるんです


ただ、この値が高かったら、セリの症状の場合、ほぼFIPだと決まってしまうので、

(ただし確定診断ではない。現状、FIPは開腹して組織を採取し、検査するしか

確定診断できないらしい)

低い値が出たことは素直に喜んでいいのかもしれません


また、蛋白分画検査でも、

FIPの場合、5.γ-グロブリンの値が高く出るそうです

セリは基準値内でした


ただ、セリの場合、3.α2-グロブリンの値が高いので、

これが何を意味するのかはわかりません


先生いわく、セリの症状的に、やっぱりFIPの可能性も捨てきれないそうです

他の血液検査の項目からも、FIPでないとしたら、何の病気かわからないそうです


それから、セリはステロイドを使ってるのですが、効き目がすごくいいそうで、

それもFIPの疑いが強まる原因だそうです

(FIPの子は効きがいいそうです)


まとまりなくいろいろと書いてしまってるのでわかりにくいですね

すみません


結局どういうことなのかというと


 抗体価検査の結果は悪いものではなかったけれど、

 症状から、FIPの可能性は捨てきれない


 でも、セリの様子や検査の結果から

 ちょっと期待してみてもいいかも


という感じです


私も、一時は絶望的でもうダメなのかと思ってましたが


セリックのあの元気そうな様子・姿を見たら、すごく前向きになれました(´∀`)


しばらくはステロイドと利尿剤を服用しつつ、安静にしてます


取り急ぎ、乱文ですがご報告です


あと、もうひとつうれしいお知らせがあるのですが・・・


そちらはまた次回!


スポンサーリンク